ハロウィンの白塗りの化粧道具はドンキで売ってる?いくらで何コーナー?白塗りに必要なメイク道具は?ドンキで揃うものをご紹介!白塗りメイクのやり方は?詳しい手順を動画でご紹介!この内容をご紹介してまいります。気軽にハロウィンに参加してみてくださいね。

最近のハロウィンのは、男女問わずとても盛り上がっていますよね。
10月下旬は街中ハロウィンムード一色です。
週末にはさまざまなエリアでハロウィンイベントが催されており、年々参加者も増えています。

ここ数年は、女性だけでなく男性も本格的なメイクや衣装でイベントに参加している人がかなり多いですよね。

女性は普段からメイクをしているため、ハロウィン仕様の特殊なメイクであっても抵抗なくできるかもしれませんが、普段メイクをする習慣のない男性は、どのようにしてハロウィンメイクを完成させているのでしょうか。

今回は、男性でも簡単にできるハロウィンメイクの、道具の調達方法やメイク方法についてご紹介します。

ハロウィンの白塗りの化粧道具はドンキで売ってる?いくらで何コーナー?

ハロウィンメイクというと、ゾンビやガイコツなどホラー系をテーマにしたものが多いですよね。
ゾンビ風メイクなどのハロウィンメイクでは、一般的なメイクではやらない「白塗り」をしている人が大半です。

通常のメイクではなく、こういう白塗りなどのメイクに適したアイテムは、ドラッグストアを探すよりもバラエティショップを覗いてみた方が確実です。

それに、ドラッグストアでガチのメイク用品を物色するのは、男性にはかなりハードルが高い行為ですよね。

ドン・キホーテのようなバラエティショップであれば、イベント商品も豊富で、一目でハロウィンアイテムを探しているのだなとわかるためハードルが下がります。

それでは、ドンキで揃えることができるハロウィンメイク用の道具をご紹介します。

・ドーラン

白塗りの代表的アイテムと言えば、ドーランです。
歌舞伎役者やバンドマン、芸人など、テレビに出る人たちも使っているアイテムですので、本格的な白塗りを目指すのであれば、ドーランが最適です。

舞台メイク用品なので、普通のコスメコーナーとは離れた場所にある店舗もありますし、ドン・キホーテの中でも取り扱いのない店舗もあると言われていますが、近くにドンキがあるのであれば探してみる価値はありますよ。

数種類取り扱いのある店舗もありますが、中でもおすすめは「三善」というメーカーのドーランです。
三善のドーランは、芸能人や歌舞伎役者も愛用していると言われています。
「グリースペイント」という商品が特におすすめです。

価格は850円前後となっていますので、1.2回しか使わないと考えると少し高いのですが、仕上がりの良さは間違いありません。

・どうらん Dohran 5 color

こちらは、顔全体にベタ塗りするタイプのドーランではなくポイントメイク用のドーランなのですが、なんと100円という価格設定。

5色入りのパレットタイプで、何パターンか色展開がありますが、その中に白が入ったパレットがありますので、こちらを白塗りに使用するのもおすすめです。

なんと言っても100円という低価格なので、量が少なそうだと感じたら気軽に追加して買えますよね。
他のカラーは使わなかったとしても、この価格でドーランが手に入るのはお得ですね。

ドンキでも、白塗りアイテムが調達できることがお分かりいただけたと思います。
これらは、メイクコーナーよりはイベントグッズコーナーや、季節ものコーナーにある可能性が高いので、まずそちらを覗いてみてくださいね。

白塗りに必要なメイク道具は?ドンキで揃うものをご紹介!

ドンキでも白塗りアイテムが揃うことがわかりましたが、メイクの経験があまりない男性には、一体あのアイテムをどうやって塗るのか…という疑問もありますよね。

続いては、白塗りをする際に必要なメイク道具をご紹介します。
こちらもドンキで揃いますので、合わせて一緒に買ってしまうと楽ですよ。

スポンサーリンク

・ADDME エアーフィットシリコンパフ

メイクの知識があまりない男性でも、ファンデーションはスポンジ状のもので塗ることは、なんとなくご存知ですよね。

そのスポンジですが、一般的なメイク用のものは、ナチュラルに仕上げるため余分なファンデーションが付かないような仕組みになっているのです。
スポンジの中に適度に吸収されるので、顔には必要最低限の量しかつかないような設計がされています。

でも今回は白塗りに使いたいわけですので、むしろベタっと厚めに付いてくれた方が良いですよね。
そこでおすすめなのが、スポンジ状ではなく、むしろ液体を弾くような素材のパフです。

シリコン製のパフは、液体をすべて表面でキャッチして、ダイレクトにすべて顔に乗せることができるので、濃い白塗りが完成します。

値段も1つ300円ほどなので、あまり気にせずに買えますよね。

・平筆

白塗りは、主に練り状や液状なので、スポンジでも筆でも塗ることができます。
スポンジは広範囲に一気に塗れるので、とても便利ですが、口周りなどの細かい部分は筆タイプがあるとよりキレイに仕上がりますよ。

ただ、液状のファンデーション等を塗る筆は、わりと高価なものが多く、ドンキにも数種類は置いてありますが、コスパを考えるとあまりおすすめとは言えません。
安いラインナップのものだと、パウダー状のものを塗るためのブラシしかなかったり、セット売りしかなかったりするので、こちらもあまりおすすめはできません。

そこで、1~2回の使用と割り切っているのであれば、絵の具用の平筆を使うという方法がおすすめです。
絵の具用の筆であれば、おもちゃコーナーや文房具コーナーに売っているため探しやすいですし、値段も1本100円前後と格安です。

顔に塗り広げやすい平たいタイプを選ぶのがポイントですよ。

さて、メイクの仕上がりも大切ですが、どうやって落とすかも普段メイクに馴染みのない方には悩むポイントですよね。
まして白塗りとなると、普通の洗顔で落とせるのか全く見当が付きませんよね。

それでは、メイク用品やメイク用の道具の揃え方がわかったところで、次は白塗りの落とし方についてお伝えします。

・おすすめ方法① ベビーオイルやクレンジングオイルをダイレクトに塗り、拭き取ってから洗顔する

白塗りの中でもドーランは、実はとても油分が多いアイテムです。
かなりこってりしているので、普通の洗顔では一度ではまず落ちません。

油を落とすには油を使うのが最も効果的ですので、ティッシュやコットンにベビーオイル等を含ませて、顔全体を拭き取り、だいたいの白塗りを落としてしまいましょう。

そこから、普段の洗顔をして油分を落としてしまえば、白塗りもさっぱり落ちていますよ。

・おすすめ方法② ボディクリームを使う

メイク落としを持っていない、買うのが恥ずかしいという場合、ボディクリームなどの油分が多いクリームやローションで代用可能です。

白塗りをしている顔にそのまま塗って、丁寧になじませ続ければだんだん色や油分が浮いてきます。
ポイントはケチらずに、しっかり多めの量をなじませること。

濃いめの舞台メイクを落とす方法として取り入れている役者さんも大勢いると言われています。

白塗りがだいたい浮いてきたら、そのまま洗顔しても良いですし、ティッシュなどで拭き取ってから洗顔するとキレイに落ちますよ。

ちなみに、ベビーオイルもボディクリームも、クレンジングで使う分には品質はあまり気にする必要がないので、まとめてドンキで安いものをそろえてしまうと、かなり手間が省けます。

 

ハロウィンで白塗りをするなら、この記事もおススメです

 

 

白塗りメイクのやり方は?詳しい手順を動画でご紹介!

ここからは、白塗りメイクのやり方をご紹介して行きましょう。

↓↓こちらは、ディープグレイ、ディープブラウンなどを丁寧に筆で重ねながら目の周りの影をつけていくアイメイクテクが見どころです!

まとめ

ハロウィンなどの特別なイベントには、メイクや衣装で気分を高めて参加したいですよね。
普段あまりなじみがなくても、白塗りやアートメイクはやってみるととても楽しいものです。

特に最近は男性の参加率も高く、男女問わず楽しめるイベントとして今後もっと加熱すると言われています。

本格的なメイク手順もたくさん公開されていますし、アイテムもドンキなどで簡単にそろえることができるので、是非次のハロウィンはゾンビやキャラになりきって参加してみてくださいね。

スポンサーリンク