今年も残すところあとわずかですね。
年末に向けてお仕事やイベントが立て込む時期なので、気づけばあっという間にもうお正月だ!という方も多いのではないでしょうか。
さらに年末年始は、おせちを用意したり、大掃除をしたり、実家に帰省したり、初詣に行ったり…と、やることも、盛りだくさん!
お休みに入ってからも、なんだかんだと慌ただしいんですよね。

何かと物入りな年末年始。
普段キャッシュレス決済にしている人も、どうしても手持ちの現金が必要なシーンが多くなりますよね。
そこで今回は、2019年~2020年の年末年始のお金にまつわるお話を、下記のような内容でまとめてご案内していきます。

  • 2019年~2020年の年末年始のお休みっていつから?いつまで?
  • 年末の給料日は、いつ振り込み?
  • 年末の給料日で月末払いの人は前倒しで振込みされる?それとも大晦日当日?
  • 年末の銀行やATMは、やっている?銀行とゆうちょとコンビニATMの営業まとめ
  • お年玉用の新札、どこで用意できるの?
2019年~2020年の年末年始のお休みっていつから?いつまで?
一般的な会社の場合、年末12月28日が仕事納めで、新年1月4日が仕事始めのところが比較的多いですよね。
そうなると気になってくるのが六曜です。
今年はとってもいいですよ~!
年末12月28日が土曜日、そして新年1月4日が土曜日です。
つまり、12月27日が仕事納め、1月6日が仕事始めとすると、なんと9連休です。
やっぱりお休みが長いとゆっくり休んでリフレッシュできるので、その分より一層清々しい気持ちで新年の仕事始めを迎えられますよね。

年末の給料日はいつ振込?銀行振り込みの場合は?ゆうちょは?

年末のお給料はいつ振り込み?
年末年始は、銀行ももちろんお休みです。
じゃあ年末のお給料って、一体いつ振り込まれるの?って、思いますよね。

銀行振り込みの場合は?

銀行の年末年始のお休みのスケジュールは、銀行法で決まっているのでどの銀行も一律です。

銀行の年末年始の休業日は?

12月31日~1月3日+土日祝日
2019年~2020年で考えると年始の1月4日がたまたま土曜日です。
そのため、今回の銀行の休業日は12月31日~1月5日までの6日間ということになります。

2019年12月のお給料振込み日一覧

銀行の休業日を一般的に振込みの多い5と10のつく五十日に12月の中で当てはめると、コチラ!

  • 12月5日(木)
  • 12月10日(火)
  • 12月13日(金)

⇒15日は日曜日なので前倒しで計算

  • 12月20日(金)
  • 12月25日(水)
  • 12月30日(月)

⇒31日と年始5日は銀行の休業日なので、前倒しで計算

ゆうちょ銀行の場合は?

あなたの口座がゆうちょの場合も、原則的には先にご案内した銀行の場合のスケジュールと変わりません。
ただお給料の送金元もゆうちょで、受取り側もゆうちょの場合は、少し注意が必要です。
ゆうちょ間の送金は振込ではなく振替と言って、土日祝日含めて即時反映されるシステムなんです。
そのため、大晦日でも入金自体される可能性はあります。

ただ基本的には会社として一律、給料日が土日祝の場合は前営業日を支給日と決めているところが多いので、実際は12月30日(月)が多いのではないでしょうか。

年末の給料日で月末払いの人は前倒しで振込みされる?それとも大晦日当日?
お給料日は一般的には5と10のつく五十日が多い印象ですが、月末払にしている会社もまだたくさんありますよね。

年末の給料日で月末払いは前倒しで振り込みされる?それとも当日入る?

いつも月末払いなんだけど?一体いつもらえるの?

年末のお給料は、前倒しになるのか、それとも当日になるのか、はたまた1月6日まで待たなきゃいけないのか、不安になっちゃいますよね。
大晦日当日は、銀行窓口も先にご案内した通りお休みです。
そのため、銀行の営業日に合わせて前倒しで支給されるのが一般的です。
つまり、2019年の場合は、12月30日(月)です。

絶対大丈夫?30日に入金される?

前営業日にするのが一般的ではありますが…
ごめんなさい!絶対とは言い切れません。
やっぱり会社によっては後ろ倒しと規定しているところもあるんです。
その場合は、1月6日(月)です。

私の場合はどっちなの?はっきりさせたい!

自分の場合は前倒しなのか後ろ倒しなのか、どうしても不安な場合の確認方法は、2つです。
まず通帳を記帳して確認しましょう!

過去のお給料日が土日祝日と重なった場合に、前倒しで入金されているのか、それとも翌月に繰り越されているのか、その日付で判断できます。
今回が初めてのお給料日だったり、すぐに通帳記帳が出来なかったりする場合は、就業規則でも規定されているはずです。

就業規則を読み込むか、会社の経理担当の方に確認してみましょう。

年末の銀行やATMはやってる?銀行とゆうちょとコンビニATMの営業まとめ

年末年始にいざお金が必要になった時、いつなら口座から引き出しできるのか、気になりますよね。
実際に調べてみたら、銀行毎にちょっとずつちょっとずつ利用できる時間も手数料も違うんです。
自分の口座から自分のお金を引き出すだけなのに、余分に手数料がかかるなんてもったいないですよね。
さらに年末年始は、帰省していていつもの慣れているATMじゃないってこともありますよね。

今回は自分の口座から引き出しすることを想定して、少しでもお得に利用したいあなたへ、銀行毎に時間別の手数料もお知らせします!
ぜひ参考にしてみてくださいね。

ATM利用手数料について

手数料の金額は、税込表記です。
2019年10月の消費税増税後の手数料に反映させてあります。

ATM利用可能時間について

ATMの利用可能時間は、最大の時間で記載しています。
ATM稼働時間は、銀行のATMもコンビニのATMも、各店舗によって違うためです。
そのため、銀行側のシステム上24時間可能であっても、設置している実際のATM自体の稼働時間が24時間未満の店舗は、店舗の稼働時間内でしか利用できませんのでご注意ください。
例:
銀行は24時間利用可能。ATMは7時~23時までのみ稼働。
⇒この場合は、実際利用できるのは7時~23時までのみです。

実際に行く予定の店舗の稼働時間は、ATMに掲示してある時間を確認するか、各銀行ホームページ等で検索して確認することをおすすめします。
特にゆうちょ銀行や農協の店舗ATMは、平日のみしか稼働していないものも多いので注意して下さい。

コンビニATMの利用時間について

コンビニATMと一口に言っても、セブン銀行にローソンに、ファミマなどなどいろんな銀行がありますよね。
そのため、コンビニの利用可能ついても最大の利用可能時間で表記しています。
実際に行くコンビニによって、ATMと銀行側とそれぞれ利用可能時間がありますのでご注意ください。
ただ、それも深夜~朝にかけての時間ですので、日中であれば変わらないので大丈夫です。

年末年始の営業時間について

各銀行ともまだ正式発表はされていないため、例年の傾向から記載しています。
正式な発表は年末11月下旬か12月頃されることが多いので、より正確な情報を確認する場合は年末を待って確認してください。

ここからは、具体的な銀行名をあげて説明して行きます!

年末年始の詳しい営業日や営業時間、そしてATM営業時間かATM利用手数料までをご紹介していきましょう。

ゆうちょ銀行の年末年始営業情報

ゆうちょ銀行の年末年始の窓口営業日

年内最終営業日は、12月30日(月)まで。
年始の窓口営業は、1月6日(月)~。

ゆうちょ銀行の年末年始の窓口時間

窓口の営業時間は、午前9時~午後4時まで。
※一部店舗では、午後3時までだったり、午後5時までだったりするので注意。

ゆうちょ銀行の年末年始のATM営業時間

12月31日と1月1日は、7時~21時。
1月2日と1月3日は、9時~21時。
1月4日は、7時~23時55分。
1月5日以降は、通常通り。

※店舗によって、ゆうちょ銀行は平日のみしか稼働していないATMもあるので注意。

ATM利用手数料

平日土日祝日とも、時間も問わず無料。

スポンサーリンク

コンビニATM利用可能時間

平日土日祝とも、0時5分~23時55分まで。
※年末年始は変則。
12月31日は、0時5分~23時55分まで。
1月1日は、0時5分~21時まで。
1月2日は、9時~21時まで。
1月3日は、9時~23時55分まで。
1月4日以降は、通常通り0時5分~23時55分まで。

コンビニATM利用手数料

平日8時45分~18時までなら、110円。
平日18時~翌8時45分までは、220円。
土曜9時~14時までは、110円。
土曜のそれ以外の時間は、220円。
日曜祝日は、終日220円。

農協の年末年始営業情報

農協の年末年始の窓口営業日

年内最終営業日は、12月30日(月)です。
年始の窓口営業は、1月6日(月)からです。

農協の年末年始の窓口営業時間

窓口の営業時間は、午前9時~午後3時までです。
※店舗によって、開始時間が8時半や終了時間が17時もあり。

農協年末年始のATM営業時間

1月3日は、システムメンテナンスのため、終日利用不可。
※店舗によって、農協は平日のみしか稼働していないATMもあるので注意。

ATM利用手数料

平日土日祝日とも無料。

コンビニATM利用可能時間

8時~21時までが多い。
※各都道府県の農協と各コンビニによって、開始時間が6時半~や終了時刻が23時など、かなり差がある。
※大多数の農協で、8時~21時を採用している模様。
※1月3日は、システムメンテナンスのため終日利用不可。

コンビニATM利用手数料

平日8時45分~18時までなら、無料。
土曜9時~14時までは、無料。
平日と土曜のその他の時間及び日曜祝日は、110円。
※土曜については、コンビニによっては110円かかる先もあり。
※年末年始は日曜祝日扱いなので、110円。

三菱UFJ銀行の年末年始営業情報

三菱UFJ銀行の年末年始の窓口営業日

年内最終営業日は、12月30日(月)まで。
年始の窓口営業は、1月6日(月)~。

三菱UFJ銀行の年末年始の窓口時間

窓口の営業時間は、午前9時~午後3時まで。

三菱UFJ銀行の年末年始のATM営業時間

年中無休。24時間利用可能。

ATM利用手数料

8時45分~21:00までなら、平日でも土日祝日でも無料。
その他の時間は、110円。

コンビニATM利用可能時間

原則24時間、年中無休で利用可能。

コンビニATM利用手数料

平日8時45分~18:00までなら、110円。
平日その他の時間及び土日祝日は、220円。

三井住友銀行の年末年始営業情報

三井住友銀行の年末年始の窓口営業日

年内最終営業日は、12月30日(月)まで。
年始の窓口営業は、1月6日(月)~。

三井住友銀行の年末年始の窓口営業時間

窓口の営業時間は、午前9時~午後3時まで。

年末年始のATM営業時間

年中無休。平日と土曜日は原則24時間利用可能。
年末年始12月31日は土曜日扱い、1月1日~3日は祝日扱い。
※毎週日曜日の21時~翌月曜日7時までは休業。
2019年と2020年の年末年始で言うと、12月29日と1月5日の2日間が日曜日なので、注意。

ATM利用手数料

平日8時45分~18:00までなら、無料。
平日その他の時間及び土日祝日は、110円。
※インターネットバンキングの利用ランクによって、無料になることもあり。

コンビニATM利用可能時間

銀行ATMと同じく平日と土曜日は原則24時間利用可能。

コンビニATM利用手数料

平日8時45分~18:00までなら、110円。
平日その他の時間及び土日祝日は、220円。

みずほ銀行の年末年始営業情報

みずほ銀行の年末年始の窓口営業日

年内最終営業日は、12月30日(月)まで。
年始の窓口営業は、1月6日(月)~。

みずほ銀行の年末年始の窓口営業時間

窓口の営業時間は、午前9時~午後3時まで。

年末年始の銀行ATM営業時間

土日22時~24時のみ利用不可。
※平日および祝日は、原則24時間。

ATM利用手数料

平日8時45分~18時までなら、無料。
平日8時~8時45分まで及び18時~23時までは、110円。
平日23時~8時までは、220円。
土日8時~22時までなら、110円。
土日0時~8時までは、220円。
祝日8時~23時までなら、110円。
祝日23時~8時までは、220円。
※インターネットバンキングの利用ランクによって、無料になることもあり。

コンビニATM利用可能時間

平日は24時間利用可能。
土曜日は、22時~24時のみ利用不可。
日曜日は、0時~8時まで利用不可。
祝日は、元々の曜日の利用時間に準ずる。
12月31日~1月3日は、祝日扱い。
2019年の場合、31日火曜日~3日が金曜日なので、原則24時間利用可能。

コンビニATM利用手数料

平日8時45分~18時までなら、110円。
平日18時~翌8時45分までは、220円。
土曜0時~22時までは、220円。
日曜8時~24時までは、220円。
祝日は、終日220円。

りそな銀行の年末年始営業情報

りそな銀行の年末年始の窓口営業日

年内最終営業日は、12月30日(月)です。
年始の窓口営業は、1月6日(月)からです。

りそな銀行の年末年始の窓口営業時間

窓口の営業時間は、午前9時~午後5時までです。

年末年始のATM営業時間

12月31日は、7時~24時。
1月1日以降は0時~24時。

ATM利用手数料

平日8時45分~18時までなら、無料。
平日8時~8時45分まで及び18時~8時までは、110円。
土日祝日は、終日110円。
※年末年始は、土日祝日扱い。

コンビニATM利用可能時間

24時間利用可能。

コンビニATM利用手数料

平日8時45分~18時までなら、110円。
平日18時~翌8時45分までは、220円。
土日祝日は、終日220円。

メガバンクのATM手数料とATM稼働時間についてのまとめ

メガバンクの三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3行の中で、利用時間と手数料ともに一番シンプルなのが三菱UFJ銀行です。
反対に、一番区分けが細かく複雑なのがみずほ銀行です。
三井住友銀行は、みずほ銀行ほど細かくないものの、休業時間が一番長いのがネックでしょうか。
銀行側が24時間利用可能でも、ATMによって稼働時間が銀行ATMもコンビニATMも異なりますので、特に深夜や早朝に利用する際は注意してください。
反対に言えば、21時より前か朝8時以降なら、原則的にはほとんどの金融機関で利用ができますので、早い時間に現金を用意しておくと安心ですね。

関連記事はコチラ

 

年末年始のATMでお金が下ろせない!現金切れってなに?

あまりないケースかもしれませんが、銀行もATMも動いているのに下せない!なんて可能性も0ではないんです。
え!なんで?口座にはちゃんとお金があるのに?って、思いますよね。
それがATMの現金切れです。

ATMには、定期的にお金が補充されています。
ただ、その補充量を超えた引き出しが起きると当然お金は下せません。
年末年始やゴールデンウィークなど、たくさんの人が一気におろすと、どうしても不足するケースがあるんです。
そういう場合は、違うATMで試してみると下せることも多いので、複数の店舗で試してみるといいですね。
でもすぐ欲しい!という時に何軒もわざわざ回るなんて面倒だし、それこそ時間がもったいないですよね。
そんなピンチも想定して、出来るだけ早め早めに手持ちのお金を用意しておくと安心ですね。

2019年最新版年末の給料日まとめ

今回は、年末年始のお金にまつわるお話をしました。
最近はキャッシュレス化がどんどん進んできていますね。
もちろん便利だしお得なサービスではありますが、それでもお年玉や初穂料など、日本の昔ながらの行事へのお金には、まだまだ現金が必要ですよね。
慌ただしい年末年始に、どうしても急なお金が必要になった時に、同じ金額をおろすのに、銀行や時間によって手数料が倍になるなんてもったいないですよね。
少しでもお得に、損をしないようにお金の準備をするのに、ぜひ参考にしてみて下さい。
そして、どうぞよいお年をお迎え下さい。

スポンサーリンク