みなさんはこんな経験ありませんか?

「ねえねえ、○○離婚したってよ!!」

このように、友達が離婚をしたという話を聞いていても、直接その離婚をした友達から聞いていない…というケース。

噂なのかどうなのかもわからず、でも「離婚したの?」なんてわざわざ電話するわけにもいきませんよね?

友達が離婚したのか、噂だけなのか本当なのかわからないとき、年賀状はどうしていますか?

  • そのまま出せばいいのでしょうか?
  • 旧姓に戻して出せばいいのでしょうか?
  • 今回は、友達が離婚した場合の離婚した人に年賀状を出していいのでしょうか?

書いて行きたいと思います。

年賀状を離婚した人に出して良い?宛先や宛名は旧姓にする?

離婚したという噂の人に毎年年賀状を送っていたのなら、その年だけ送らないのはちょっと都合が悪いですよね…。

では、どうすればいいのでしょうか?

みなさん色々と疑問・不安があると思うので内容別に見ていきたいと思います。

【あて先は実家で宛名は旧姓にするのはNG?】

離婚をしたと噂を聞いても、自分がまだ直接離婚報告を受けていない場合は、例年通りに年賀状を贈った方が良いです。

へたに、他人からの噂話で旧姓を調べたところでどうにもなりませんし、もし離婚したと言う噂だけだったらとても失礼にあたります。

もし今までアパートやマンションに送っていた場合、そのまま年賀状を送ってみても良いでしょう。

急に実家宛に出すのも不自然です。

仮に、今まで送っていたアパートやマンションに出して戻っていた場合は、そのまま出さないという方法でも有りだと思います。

【これまで夫婦連名で送っていたら?】

離婚したという噂だけの場合もありますので、今まで通り連名の年賀状でも大丈夫です。

上記と同じく、噂だけでまだ離婚報告をされていない場合は、今まで通り年賀状をだしても問題ありません。

【あて先不明で戻ってきてしまったら?】

宛先不明で年賀状が戻ってきた場合は、戻ってきたままで良いと思います。

もし連絡先がわかっていて、「どこにいるの?」と聞ける間柄であれば、年賀状が戻ってきたという内容から聞いても良いかもしれませんが、そこまで聞けるような間柄ではない場合は、戻ってきたままにしておくのが1番だと思います。

【出さないで様子を見る?】

今まで年賀状を出していたのに、急に送るのを辞めると、相手からは「なんでだろう?離婚したから?」なんて変に気を遣わせてしまいます。

急に出さないで様子を見るのも少し不自然です。

簡単にまとめると、年賀状を今まで送っていたのなら今まで通りに送った方が良いということです。

年賀状を離婚した人に出して良い?写真入り年賀状はやめた方が良い?

上記で、離婚したであろう友人に今まで通りに年賀状を送っても良いと書きましたが、年賀状のデザインや内容には少し配慮が必要になってきます。

いくら今まで通り年賀状を送っても良いと言っても、離婚の噂を知っているということを悟られないようにしなければいけないのです。

【結婚式の写真入りの年賀状】

結婚式で幸せいっぱいの写真を年賀状に使うのは、本来悪いことではありません。

ですが、離婚をしたであろう友人に出す場合、離婚したばかりの友人にとってはとても辛く悲しいものです…。←私の経験上(笑)

「あぁ~みんなは幸せなのに、私だけなんでこんなに暗い人生なんだろう…」なんて思ってしまうわけですよ!

結婚式の写真入りの年賀状はまず、良く無いです、はい。

スポンサーリンク

ただし、結婚式に参列してくれていた場合は、送っても問題はないと思います。

周知の事実なわけですしね。

結婚式に参列していたのに、自分だけ普通の年賀状が届くってのも酷ですよね。

そこはしっかり考えて送らなければいけません。

【家族の写真入り年賀状】

毎年、家族の写真入りの年賀状を送っていたのなら、今年も送っても問題はないでしょう。

離婚をまだ直接聞いていなくて知らないことになっているのであれば、家族写真で例年通りに送っても大丈夫です。

【赤ちゃんの写真入り年賀状】

「子供が産まれました!」
「赤ちゃんが産まれました!」

の幸せ全開の年賀状は、離婚したばかりの人にとってはかなり強烈な内容ですよね…。

子宝に恵まれないことで夫婦仲に亀裂がはいる原因であったり、ましてや親権が相手方に行っている場合は余計に、相手を傷つけてしまうでしょう。

もちろん、傷つけるために送っていなくとも、赤ちゃんの写真は控えた方が良いケースが多いです。

家族写真以外は相手を傷つけてしまう可能性が高いので避けた方が無難だと思います。

離婚した人に年賀状を出すなら、文例やメッセージはどうする?

離婚したであろう友人に年賀状を出すときに、どのような文章を書けばいいのか悩んでしまう方がいますが、今まで通りの文章で大丈夫です。

変に気を使った文章だと

「離婚したって知っているのかな…」
「気を使っているのかな…」
などと相手に思われてしまう可能性があり、関係がギクシャクしてしまうことも。

今まで通り、「あけましておめでとう!」と一言だけだったら一言でも良いでしょうし、近況を報告しているのであれば、今まで通り近況報告でも良いです。

ただ、NGワードもあるので紹介していきます。

離婚した人への年賀状でNGワード

  • 良かったら新居に遊びに来てね!
  • 今年で●年目の結婚を迎えます。
  • 何かあったのかな?色々噂が聞こえてきました。
  • 自分にできることがあったら、言ってね。
  • 「子供が言葉を覚えました」「●●高校に合格しました!」という子供に関する自慢

このような文面があると、

「あれ?気づいてる?」
「何か知っている?」

と思われます。

また、幸せ報告もいりません。

離婚した人への年賀状でNGワードOKな文面

では何を書いていいの?と思っている方も多いと思いますので、OKな文面を紹介していきたいと思います。

  • 久しぶりに皆で集まれるといいね!
  • 最近なかなか連絡できなくてごめんね。元気かな?
  • いつかゆっくり食事でもしましょう。

夫婦のことや子供に関するコメントは避けて、ランチや飲み会に誘います。

当たり障りなく…って感じです。

離婚しても報告してこない場合は、そっとしておいてほしいという時期だったり、精神的に疲れている場合があります。

くれぐれもこちらから「離婚したの?」なんて聞きだすようなことがないように注意してください。

まとめ

今回は、年賀状を離婚した人に出して良い?宛先は実家で宛名は旧姓?NG言葉まとめについて書きました。

離婚したばかりだと、精神的・体力的に疲れているし、正直「知られたくない」と思っている人も多いです。

実際に私もそうでした。

想像以上に体力がいります(笑)

今だから離婚のことを話せるようになりましたが、離婚したばかりだと笑って離婚のことを話すことなど無理でしたし、人生どん底って感じでした。

時間が解決してくれる場合も有りますが、そうでない場合もあります。

年賀状も文章やデザインも重要になってきますので、年賀状を送る際には十分注意してくださいね!!

最後まで読んでくださってありがとうございました!!

スポンサーリンク