毎年子供たちが楽しみにしているクリスマス。
特にサンタさんからのプレゼントは、子供にとって一番の楽しみですよね。

  • サンタからの手紙の幼児向け例文は?日本語と英語はどっちで書くべき?
  • サンタからの手紙の幼児向け例文は?すぐに使えるテンプレメッセージ
  • サンタからの手紙を幼児向けに書くなら英語と日本語どっちがおススメ?

この内容を詳しくお伝えしてまいります!

サンタからの手紙の幼児向け例文は?すぐに使えるテンプレメッセージ

では、さっそくサンタさんからの手紙を作ってみましょう。
ここではまずは日本語で作成する場合の例文を紹介していきます。

宛名と挨拶

まずはお子さんの名前を書きましょう。それからクリスマスなので、メリークリスマスという挨拶を入れても良いと思います。

○○ちゃん/君へ
メリークリスマス!

手紙の感想

続いてお子さんがサンタさんに出した手紙の感想です。ちゃんと手紙がサンタさんに届いていて読んだんだよ。ということが伝わります。

お手紙ありがとう。
読んでいてとても楽しかったよ。
一生懸命書いてくれていたね。

この一年の頑張りに対するねぎらい

お子さんがこの一年で頑張ってきたことを書いてあげましょう。サンタさんが自分を見てくれているんだ、とは喜びますし、来年も頑張ってくれると思います。

○○君/ちゃん、今年たくさんママのお手伝いを頑張っていたのを知っているよ。
○○君/ちゃんは、ピアノのレッスンをとても頑張っていたね。

プレゼントについて

お子さんが手紙でリクエストしたプレゼントについて、一年間頑張ったご褒美に準備したことを伝えてあげましょう。

〇〇君/ちゃんは、クリスマスに本が欲しいようだね。
良い子にしていた君にプレゼントだよ。

最後の挨拶

そして最後は、また来年も楽しみにしている。といった内容で締めくくると良いでしょう。

来年も君からの手紙がくるのを待っているよ。
良い子でいるんだよ。
また来年会おう

お子さんが書いた手紙に書いてあった内容に触れると、より一層サンタさんが自分の手紙を読んで返事を書いてくれた感じがあります。

お子さんが読む手紙なので、長い文章ではなく優しく短めの文章で十分です。サンタさんになりきって、お子さんの喜ぶ顔を想像しながら書いてあげてください。

サンタからの手紙を幼児向けに書くなら英語と日本語どっちがおススメ?

最近では、プレゼントを持ってきてくれるサンタさんに、手紙を書く子供もたくさんいます。
手紙を書くということは、返事も必要になりますよね。

フィンランドやカナダのサンタさんから手紙を送ってもらえるサービスもありますが、親がサンタになりきって返事を書く。という人も多いと思います。

では自分で返事を書く場合、日本語と英語のどちらで書いたら良いのでしょうか。

日本語だと年齢が上がるにつれ違和感を覚える子も出てくると思います。疑い始めると子供はすぐに見破ってしまいますので、手紙が元でばれてしまった。なんてことになりかねません。

というわけで、断然おすすめなのは英語ですが日本語だとNGというわけではありません。

文字が読めるようになり始めたら、やはり子供は自分で読みたいもの。日本語だと自分で読めるのが良いですよね。

年齢や性格に合わせて、英語か日本語を選んであげてください。そもそもサンタさんは人種を超えた存在なので、言語なんて関係ないのですから。

お子さんが自分で読めるよう日本語で書くのも良いですが、サンタさんの北欧のイメージからすると、英語の方がリアリティーもあり子供の勉強にもなるのでおススメです。

英語が読めないのであれば、お母さんが訳して読んであげればよいのです。

というわけで、ここではオススメの英語での手紙の例文を紹介します。
基本構成は1章で紹介した日本語の例文と同じです。

スポンサーリンク

宛名と挨拶

Dear ○○
Ho Ho Ho!
Merry Christmas!

ここでひとつポイントなのが、Ho!Ho!Ho!というサンタさん独特な笑い声をいれること。メリークリスマスの挨拶の前にこの一言を入れると、より本格的な雰囲気になるでしょう。

手紙の感想

Thank you for your letter.
手紙ありがとう
I was so happy to read it.
読んでいて楽しかったよ。

この一年の頑張りに対するねぎらい

I know that you helped your mom a lot this year.
今年はたくさんママのお手伝い頑張ったね。
You tired the piano lesson hard very much.
君はピアノのレッスンをとても頑張っていたね。

プレゼントについて

I know you want a picture book for Christmas.
君がクリスマスに絵本が欲しいようだね。
It is a gift for you as a good boy/girl.
良い子にしていた君へのプレゼントだよ。

最後の挨拶

I’ll be looking forward to getting your letter again next year.
来年も君からの手紙が来るのを楽しみにしているよ。
Keep on being a good boy/girl.
良い子にしてるんだよ。
See you next year.
また来年も会おうね。

英語の場合は、クリスマスカードの締めの挨拶で、以下の様な定番のフレーズがあります。
英語で作成する場合は、締めとしてこちらのフレーズを使うのもおススメです。

With best wishes for Christmas and a Happy new year
素敵なクリスマスとお正月になりますように。
May your Christmas wishes come true!
あなたのクリスマスの願いごとがかないますように。

普段から英語に馴染みのない方も、紹介したフレーズをもとに、翻訳サイトを活用して英語での手紙にトライしてみてください。以外と簡単にできちゃいますよ。

翻訳サイトですが、サイトによっても色々な訳し方があります。中には違和感のある訳し方をするサイトありますので、2~3つほど試してみて、一番好きだなと思う文章を選ぶことをおススメします。

これがきっかけで、お子さんが英語に興味を持ってくれると更にうれしいですね。

サンタからの手紙を幼児向けに書くなら手書きとパソコンはどっちが良い?

手紙を書く場合、手書きにしようかパソコンにしようか、どちらが良いのでしょうか。
結論から言うと、どちらにもそれぞれ良さがあります。

ここでは、それぞれの良さとポイントについて紹介したいと思います。

サンタさんからの手紙を手書きで書くメリット

まずは手書きの場合ですが、良さとしては手書きならではの温かみがあります。

サンタさんがパソコンを使って書く姿を想像すると、ちょっと夢がない感じですよね。そう考えると、リアリティーを出すためにも手書きはとても良いと思います。

ただし日本語で書く場合、筆跡でばれちゃうという危険性もありますので、書き方には注意が必要です。

自信がない場合は、おじいちゃん、おばあちゃんに頼むとか、友人に頼むなどした方が安心でしょう。

一方で、英語で書く場合は筆跡でばれる心配は低いでしょう。
よりリアリティーを求めるなら、少しハードルは高いですが筆記体に挑戦してみても良いと思います。

ちなみに、サンタさんからお手紙用の便箋と封筒のテンプレートをダウンロードすることができるサイトがいくつかありますので、ぜひ活用してみてください。

サンタさんからの手紙をパソコンの活字で書くメリット

パソコンで書く場合ですが、メリットは何といっても手軽なことです。
ネットで検索すると、サンタさんからの手紙を無料で作成できるサイトがたくさんあります。

文章も定型文が準備されており、子供の名前や住まい、贈るプレゼントや子供ががんばったことを記入するだけで、英語でも日本語でもそれらしい文章が自動で簡単に作成できます。

毎日忙しくて、ゆっくり手紙を書く時間のない方にはおススメですね。

まとめ

サンタさんとの手紙のやりとり、とても夢がありますよね。

サンタさんからの手紙をクリスマスイブの夜中に子供の枕元にそっとプレゼントと一緒に置いてあげてあげるのも良いですね。

プレゼントを開ける前に、サンタさんから手紙だよ!と言って先に読ませてあげると、プレゼントを開けるときのワクワク感も増しますよ。

今年はサンタさんの手紙を準備して、いつも以上に楽しいクリスマスを迎えてくださいね。

スポンサーリンク