育休を終える予定のお母さん。
また、産んで仕事を始めたいなあというお母さんたくさんいると思います。
そこで問題なのが保育園に入れるかどうかですよね。

現在、待機児童問題が大きくなっていて、入園することが出来ないお子さんが増えています。
特に激戦区に住む方探すのが大変ですよね。頭を抱える問題だと思います。

「通いやすい園であるか」
「金銭的にどうか」
「先生たちの印象はどうか」

などなど気になる点はたくさんあってどこでもいいわけでもないですよね。

そのために大切なのが園見学です。

今回、保育園の見学の日に雨が降って億劫になっているお母さん、お父さんに雨の日にこそ行く見学の良さをお伝えし、楽しい気持ちで見学に向かってほしいと思い、まとめてみました。

園を見る視点を知って有意義な見学にしてほしいと思っています!

保育園の見学の日に雨だった!ドタキャンや延期は印象が悪くて不利?

せっかくの見学の日が雨って億劫になりますよね。お子さんを連れてだと余計に大変に思えるかもしれません。

ドタキャンはそれほど不利な状況にはなりませんが、激戦区であったり、見学が多い時期だと次の見学の予約がとりにくかったり、自分の予定と合わない!ということもあるかもしれないので、行けるときに行っておいた方が安心かもしれません。

そして、できればお母さん一人ではなく、ぜひお父さんも一緒に!二人で楽しみながら見学に行ってほしいです。

行くことが億劫になっているお母さん、お父さん。ドタキャンしない方が、良いことはたくさんあります!!

雨の日にこそ見ておきたいポイントをご紹介して行きましょう。

・ベビーカー置き場は濡れないようにできているか。

入園後必ず雨が来る日は来ます。送った後仕事に行くためベビーカーは置いていくと思うのでチェックしておくべきです。

・傘置きはどのようになっているか。

実際、名前を書いていてもたくさんの子どもたちがいるので同じ傘での取り間違いは起こるものですが、せめてクラスで分けて立てておきたいものですよね。全クラス同じだと少し気になるところです。

・玄関にタオルは敷いてあるか。足拭きを敷いてあるか。

雨で登園し必ず濡れますよね。濡れたまま入室することのないように、また、入室後滑って怪我など危険のないよう対策をしてくれているか見ておきましょう。

・靴と長靴二つ持ってきているかどうか。

朝は雨が降っていたとしてもその後雨が止むかもしれません。長靴で遊びに行っているのかを確認することができますね。

靴についてはまた説明があるかとは思いますが、見ておくことで、雨の日は靴も持参しなければいけないのか分かり、荷物が増えることへの心の準備もできますよ。

・どんな保育をしているか見ることが出来る。(晴れの日も同様ですが)

戸外にでるよりも室内で過ごすことは子どもたちにとってストレスになったり、運動量が足りないことも多いです。伸び伸び過ごせているのかは特に見ておきたいものです。

タイミングが良いと英語の時間や体操教室などの活動も見ることができるかもしれません。ラッキーですね。
また、保育士は何人態勢で活動しているのかも見てみて下さい。

雨の日にも見れるポイントはたくさんありましたね。視点を変えてチェックしてみて下さいね。

保育園の見学の日に雨だった!車が無くても見学参加する方法は?

お金はかかってしまうかもしれませんが、電車やバス、もしくはタクシーの利用が一番楽かとは思います。

出来るならば、登園練習としてお子さんと実際に通う道を想定して行ってみるのもよいかと思います。
見学前に行っておくことで、想像だけでなく現実的に入園を考えられたりイメージができると思います。

登園練習しておくと良いこと

・通う際に危険な道や距離が把握できる。

これらを見ておくことで、毎日通うことになった際の気持ちの準備が出来る。また、ベビーカーでは通りにくい道などを見ておくと良いと思います。

スポンサーリンク

そして特に距離は大事かと思います。自転車で通えるとなっても週明け、週末は、布団・着替え・オムツなど荷物が多くなりますので、雨の日はかなりきついかと。

・なるべく大きい道を通れるようルートをチェックできる。

地域の人とすれ違うことが多い方が何かあった時に助けを求められるので、人通りの多い大きい道をチェックしてみてくださいね。

荷物の問題もあるので困った際タクシーを呼べる、よくタクシーが通る道であると気持ち的にも安心ではないでしょうか。

・お子さんの好きな物や好きな場所などを見つけておく

そうすることで、朝機嫌が悪いときに気持ちの切り替えができるかもしれません。

保育園行きたくないという日が一日は必ず来ると思うのでどう気持ちを向かせるか、お母さん、お父さんの引き出しとして見つけてみて下さいね!

見学だけだし、まだ早いと思うかもしれませんが、別日にやろうとしてもなかなか気持ちが・・・面倒くさいな・・・という気持ちになり、なかなかできないことも。

他の見学者よりも一歩先をいって、イメージしながら見学に向かってみて下さいね。

保育園の見学の日に台風で大雨!参加とキャンセルはどちらが迷惑?

どちらも迷惑なことはないですよ!しかし、心配はしますね。無事に来園してもらうことを願っています。

キャンセルの場合

台風の日は危険も伴いますので、園に通う家庭に休める方は休んでもらうよう呼びかけをする園もあります。
また、見学予定だった方のキャンセルもたびたびありますよ。もしかしたら、連絡が来ることもあるかもしれません。

見学の時間にもよりますが、キャンセルの連絡をする際も9時以降が良いかと思います。
大体9時ごろまでには登園して下さいという園がほとんどでそれまでは、受け入れなどで電話を取れない状況もあります。

行けなかった場合、一時保育を行っている園もありますので、利用してみて下さいね。

参加の場合

出来ることなら車で行くことをおススメします。
電車やバスも遅延の可能性が高いので見学の時間に遅れて見学の時間が短くなってしまったり、途中でいけないとなることも気持ち的に億劫になってしまいますね。

参加する際は台風の状況を見て見学に行くか決めて下さいね!安全が第一です!

園では、子どもたちは室内で過ごしているので特に0歳1歳クラスの子たちが廊下をお散歩していることもあるかもしれませんね。触れ合う機会にもなると思います。

ちなみに保育園見学のベストな時期は、ゴールデンウィーク明けから7月、そして、9月から10月が狙い目ですよ!

4月に新学期が始まり落ち着いてくる時期と秋の過ごしやすく子どもたちも慣れて落ち着いて過ごしている時期です。10月に運動会を行う園では運動会練習を見ることができるかもしれませんよ。

注意することは10月頃は特に見学が殺到することと、それから入園を申し込んでも激戦区の場合、いっぱいで間に合わない可能性があるので計画的に気になる園の見学に行ってくださいね。

見学の日に雨で億劫になってしまうお母さん、お父さん。雨の日でもチェックできるポイントは見つかりましたでしょうか。

できることならば晴れの日の見学も見ておくと園全体の様子を知ることが出来るかと思いますので、行けるチャンスがあるならばぜひ行ってみて下さいね。

焦って園を決めて後悔だけはしてほしくないです。見学だけでは分からない面もあるかとは思いますが、いろんな視点から園を見て、お子さん、そして親御さんが楽しく過ごせる園に出会ってほしいと思います!

この記事を執筆したライター

ライター名:かな
趣味のバドミントンで学生時代日本一を目指しており、運動がとても好きです。そして、小さい頃から目指していた保育士になり、現在は妊婦の専業主婦です。私の経験したことを生活に生かしていただけると有り難いです。よろしくお願いします。

スポンサーリンク