夏から秋にかけて猛烈な勢力でやってくる台風は、毎年たくさんの建物に被害を及ぼしています。

中でも、「強風によって、ベランダの隔て板が壊れてしまった」という被害がとても多くあります。

台風がよく来る地域であれば、戸建ての家を建てる時に保険に入っておくのが一番ですが、もしあなたの住んでいる家が賃貸アパートだったら、どうすれば良いのでしょうか?

今回は、住んでいる賃貸アパートが台風の被害にあった時の対応法について、以下の3つのことを踏まえてお話ししていきたいと思います。

  • アパートのベランダの隔て板は保険が効くの?
  • アパートのベランダの隔て板が壊れたら、証拠写真や記録を残すべき?
  • 保険が効かなかったらどうする?修繕費の相場は?

ベランダの隔て板の修理費は台風の被害なら保険が効くの?手続きは?

まず、台風で賃貸アパートのベランダの隔て板が壊れた場合について、お話しします。

ズバリ結論から言うと、台風による建物被害は保険が効きます。

台風は自然災害なので、強風と豪雨による被害は避けることができません。

特に、アパートに設置してあるベランダの隔て板は、強風で物が当たると簡単に破れてしまいます。

ひどい場合、両隣の隔て板が壊れて、お隣さんから自分のベランダが見えてしまうこともあり、防犯面においても心配ですよね。

もし台風でベランダの隔て板が壊れたら、すぐにアパートの大家さんか管理会社に連絡しましょう。

アパートの建物も、戸建ての家と同じように、基本的に火災保険に加入されています。

火災保険というと、名前からすると火事が起きた時だけ使えると思いがちですが、台風による被害の時でも保険が適用されます。

具体的な手続きについては、アパートの住人ではなく、大家さんや管理会社のほうで保険の手続きをしてくれるので、安心してくださいね。

アパートに住んでいる方は、台風で壊れてしまった箇所を「できるだけ早く」報告するだけで大丈夫です。

もし報告が遅くなってしまうと、保険の請求期限が切れてしまったり、保険の対象にならないと認定されてしまう可能性もあります。

ベランダを再び気持ちよく利用できるようにするためにも、被害が分かった時点ですぐに連絡してくださいね。

台風でアパートのベランダの壁が割れた!写真を撮っておいた方が良い?

ベランダの隔て板が壊れたら、大家さんや管理会社にまず連絡するということを、先ほどお話ししました。

連絡する時に、口頭で被害の状況を詳しく説明するのはもちろんですが、これに加えて、「被害状況を写真で残しておく」ということも大切です。

特に被害がひどいと、口頭の説明だけではどうしても伝わりにくい部分が出てくると思います。

そんな時は、壊れた隔て板の状況や、その他ベランダで傷がある所などを、たくさん写真で残しておきましょう。

写真はスマホでもデジカメでも大丈夫ですが、現像する時に日付がプリントされるように設定しておくと、記録として分かりやすくなるのでオススメです。

スポンサーリンク

なお被害の状況については、管理人などが1件1件確認しに来ますが、アパート全体で被害が大きいと、確認に来るのが遅くなってしまうこともあります。

もし被害があまりにひどい場合は、管理人が来るのを待たずに、撮った写真を持って直接管理会社に報告しに行くというのも1つの方法です。

基本的に、修繕は被害が大きい箇所から優先して行います。

写真を見てもらえれば、被害の深刻度がすぐに分かりますので、他のお部屋の方よりも少し早めに修繕の対応をしてくれるかもしれません。

ちなみに、隔て板が壊れた時に、お隣さんが先に管理会社などに連絡したり、写真の記録を残してくれることもあります。

ただ、お隣さんのベランダ側から見た被害状況と、自分側から見た隔て板の被害状況は多少違ってきますので、写真は忘れずに記録として残しておくようにしましょう。

台風でベランダのバルコニーの壁が壊れた!保険が効かないなら相場は?

最後にご紹介するのは、隔て板の修繕を自費で行う場合についてです。

台風による隔て板の破損は、火災保険が効くのが基本です。

ただ、始めの章でお話しした通り、報告が遅れて保険の請求期限が過ぎてしまったり、保険の対象に認定されなかった場合は、保険が効かなくなります。

また台風ではなくて、自分の過失でうっかり隔て板を壊してしまった場合も、もちろん保険の対象にはなりません。

保険が効かないなると、自費で修繕を行わなければならないという可能性もありますので、ぜひ注意しておきましょう。

もし自費で修繕することになった場合、費用は平均して3~5万円くらいはかかってきます。

費用は、材料費、人件費、諸経費を合わせた金額になります。

材料費については、フレームと板の両方を交換になるか、それともフレームだけは残して板だけ交換するかによって、金額が変わってきます。

元々設置してある隔て板のフレームがそのまま使えそうなら、全体的な費用はもう少し安くなるでしょう。

なお修繕業者についてですが、管理会社のほうで業者を依頼してくれることが多いです。

自費で支払わなければならない場合でも、業者への依頼については、まず管理会社の方と相談して行うようにしましょう。

また費用については、お隣さんと折半となることもあります。

あらかじめお隣さんと話し合った上で管理会社に相談に行けば、よりスムーズに対応してもらえるでしょう。

関連記事

まとめ

アパートのベランダは共用部分なので、大家さんや管理会社に速やかに被害を報告すれば、保険を使って修繕してくれます。

また早く修繕してもらうために、写真を撮って、被害の記録を残しておくということも覚えておきましょう。

もし台風の被害にあってしまったら、今回ご紹介した内容を参考にしながら、修繕の対応をしてみてくださいね。

スポンサーリンク