大学生の入学式。男子の服装は、無難にスーツでまとめる方が多いと思います。

では靴は?どんな靴ならスーツに合うのかな?
革靴じゃなきゃ絶対ダメ?
初めて着るスーツなら尚更いろいろ不安に思うところですよね。

そこで今回は、大学生男子が入学式の時にスーツに似合う靴について、下記のような内容でお送りします。

  • 大学の入学式にローファーはおかしい?どんな靴の人が多い?
  • 大学の入学式にスニーカーはさすがにおかしい?黒や紺やグレーならアリ?
  • 大学の入学式に合う靴は?男子におススメのランキング7選

大学の入学式にローファーはおかしい?どんな靴の人が多い?

スーツに合う靴。
あなたのイメージは、どんな靴でしょうか?
高校時代に履きなれているローファーもあり!だと思いますか?

入学式の日、みんなはどんな靴でくるの?パーセンテージで大公開

地域性とか学校のイメージで若干違うところもあるかもしれませんが、大体の割合はこんな感じです。

  • ひもの革靴 …90%
  • ローファー …8%
  • スニーカー …2%

やっぱり一番人気は、ひもの革靴です。
スーツといえば、フォーマルな服装の代名詞。
足元も揃えてこそコーディネートが整うもの、これも1つのマナーです。

ローファーはマナー違反?

結論から言ってしまうとローファーやスニーカーは、マナー的に×です。
なぜなら、ローファーもスニーカーもカジュアルなシーンに使う靴だからです。
なので、フォーマルなスーツに合わせる靴としては、出来ればどちらもさけたいもの。
大原則は、ひもの革靴だということを頭に入れておいてくださいね。

ただ、先ほどもご紹介した通り、少数派ですがスニーカーやローファーを履いてくる人もいます。
なので、時間やお金にゆとりがなくて用意できない場合は、ローファーでもギリギリセーフというところでしょうか。

ローファーのメリット

● 色味
ローファーなら、黒やこげ茶など落ち着いた色味なので、スーツとマッチしやすい。
● 皮素材
素材が皮なので、革靴に少し近い。

ただし、見る人が見ればすぐわかってしまうので、できることなら革靴を用意した方が無難です。
もし自分用の革靴がないなら、サイズさえ合えばお父さんやお兄さんなど身近な人の靴を入学式の日だけ借りるというのもアリです。

大学の入学式にスニーカーはさすがにおかしい?黒や紺やグレーならアリ?

先ほどローファーはギリギリセーフとお伝えしましたが、スニーカーはどうでしょうか?
ローファーがいけるならスニーカーもOKでしょ?と思いますか?

残念ながら答えは、ノー。
色味がグレーや黒、紺など落ち着いた色だとしても、ノーです。

先ほども言った通り、スニーカーは、カジュアルな履物の定番です。
さらに、素材からローファーよりもさらに目立ってしまうでしょう。
どんなにお気に入りでも、入学式というフォーマルな場にスニーカーは避けることをおススメします!

大学の入学式に合う靴は?男子におススメのランキング5選

ひもの革靴が良いってことは分かったけれど、スーツも初めてだし革靴も初めて。
どんなものがいいか分からない!と思っている人も多いですよね。
まず、選び方のポイントをご紹介しますね。

靴の色

一番おススメの色は、黒です。
理由は簡単、革靴の一番人気の色だからです。
就職活動で着るリクルートスーツも黒が基本。
なので、バッグも靴も黒で揃えると統一感が出るのでおススメです。

軽さ

革靴のデメリットの一つに、重さがありますよね。
普段スニーカーを履きなれていると尚更重たく感じるかもしれません。
そんな人には軽さが売りの革靴がおススメです!
最近では軽さにこだわった革靴がどんどん出てきています。
その重さ、なんと片足で250gくらいのものまであるんですよ。

デザイン

デザインは、ひものついたストレートチップかプレーントゥタイプのものがおススメです。
さらに、出来るだけ装飾や切り替えが少ないシンプルなものがおススメです。
凝ったものにはもちろんそれだけの良さがあるのですが、初心者には少しハードルが高め。
シンプルなデザインの方がお手入れもしやすいので、結果的に長く使うことができますよ。

価格

スーツもカバンもそうですが、靴のお値段もピンキリ。
何十万もする高いものから数千円のプチプラなものまで。
今は、本革を使った本格派な革靴でも、かなりお手頃な価格で売られています。
大学生の場合、まだ毎日スーツを着るわけじゃないので、革靴の登場頻度もそう多くないですよね。
それなら最初は、お手頃なものからスタートしてもいいのでは?と思います。

履き心地

合わない靴を履いていると靴擦れを起こしてしまうことも。
自分にフィットする靴を選びましょう!
同じサイズのものでも、メーカーやブランドによって靴の横幅や高さなど若干変わってくるもの。
時間があれば試着してから買うと安心ですね。
もし近くにいいお店がない場合は、今はネットショッピングでも返品保証のついている商品もあります。
不安な人はそういうお店を選ぶと失敗しにくいのではないでしょうか。

ここまで初めての革靴を選ぶ5つのポイントをご紹介しました!
じゃあ、それって具体的にどういう靴?
そこで、初めて買うあなたに、おススメな革靴を7つ厳選しました!
あなた好みの一足をぜひ選んでくださいね。

1位 SHOECAFE 走れる革靴

 

筋力をあまり使わなくても歩ける、魔法のような靴。
その秘密は、緻密なデータと技術力の賜物。
さらに、重さは片足分でわずか275g。
見た目はしっかり上品な革靴なのに、履き心地はまるでスニーカーのよう。
レビュー評価の高さがこの靴の良さを物語っています。
初めての革靴にぴったり、イチオシの革靴です。

2位 Celeble PLAYBOY走れるビジネスシューズ

 

 

上品な見た目の高級感はそのままに、よく曲がるソールと驚きの軽さを実現!
商品名の通り、まさしく「走れるビジネスシューズ」が誕生しました。
低反発のインソールや本革を使ったアッパーなどこだわりもたっぷり。
ネームバリューのあるPLAYBOY製だから、もちろん品質もお墨付き!

3位 M-star メンズビジネスシューズ

 

 

足にフィットしやすいようにソフトな合皮を使った足当たりの良いシューズです。
ベーシックなデザインなので、靴が主張しすぎてスーツの邪魔をするようなこともありません。
オーソドックスなビジネスシューズの定番品。
選んで外れはありません!

4位 TRENDSTANDARD キンロックビジネスシューズ

 

 

英国王室御用達の150年以上の歴史を誇るKinlochだから出せる、洗練されたデザイン性。
海外ブランドじゃ足に合わないんじゃないの?と思ったあなた。
安心してください。
こちらは、日本の職人が一つひとつ丁寧に作り上げた日本製シューズ。
さらに自信があるから出来る7日間の返品・交換保証付き。
試着の出来ないネットショッピングだからこそ有難いサービスですよね。
ただし本革仕様なので、少しだけ重みはあるかも…。
オシャレを追及したい人にぜひ選んでほしい逸品です。

5位 LONGPSHOE メンズビジネスシューズ

 

 

こちらのシューズは、幅広設計が嬉しいポイント。
日本人は元々足が幅広な人が多いんです。
一般的に幅広と言われる3Eサイズよりもさらに横幅にゆとりがある4Eサイズを採用!
なので、横幅のある人でも足が痛くなりにくいんです。
デザインとカラー違いで、バリエーションも豊富に8つ!

6位 フューチャーロード U.P renoma軽量ビジネスシューズ

 

 

足に優しいをコンセプトに設計されたビジネスシューズ。
エアーダクト搭載の通気性のいいソールのおかげで、革靴にありがちな長時間履くことで感じる蒸れを全く感じさせないのが一番のポイント。
合皮仕様だから軽さとお手入れのしやすさもプラス!

7位 メンズシューズマーケット willson

 

 

1位、2位の商品とコンセプトは同じく、走れるビジネスシューズ。
さらに2つと比べて格段にお値段が安いのが懐に優しい。
あえてデメリットを挙げるなら、デザイン性。
値段と機能だけ揃っていればいい!って人にはおススメです!

バリエーション豊かに7つご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

まとめ

どんなにカッコいいスーツを着ていても、バッグも靴も揃っていないとスーツの良さも台無しになってしまいます。
全部揃って初めてコーディネートの完成です。
そして、大学生になると塾講師などのアルバイトでスーツを頻繁に着る人も意外と多いものです。
なので、これを機に革靴にチャレンジするのもアリではないでしょうか?

足元から魅せるオシャレができれば、あなたもスマートな男の仲間入り!
入学式からカッコよく決めて、素敵な新生活をスタートして下さいね。

スポンサーリンク