育児への悩みは尽きないものですが、同じくらいママが頭を悩ませるのが「職場復帰や保育園のこと」ではないでしょうか。
働く女性が増え、保育園入所の規定や制度も変わってきている昨今、いざ自分が保育園を利用する立場になった際に戸惑う方も多いかと思います。

保育園の入園にもパターンがあり、4月に入園する一般的な入園方法と、その他の月に入園する途中入園という方法があります。
4月入園と途中入園では、手続きや取り扱いにどのような違いがあるのでしょうか。

  • 保育園の途中入園の合否結果はいつ分かるの?
  • 保育園の途中入園の合否結果を問い合わせてもいい?
  • 保育園の途中入園前に準備しておいた方がいいものチェックリスト

今回はこの内容を中心に保育園入園の、特に途中入園に関して詳しくお話ししていきます。

保育園の途中入園の合否結果はいつ分かるの?

保育園を利用したいと思ったときに、最も気になるのは「希望の園に入れるかどうか」ですよね。

自身の通勤への影響や、通園にかかる時間など、生活の様々な部分に影響してくるので、入園の合否が分かるタイミングはとても重要なポイントになります。

4月入園の申請で希望の保育園に入れず待機児童となっている方や、引っ越しや仕事の都合で保育園を転園しなければならない方、育休の終わる時期が年度途中の方など、必ずキリの良いタイミングで入園できる方ばかりではないですよね。

それでは、年度の途中で保育園に入りたい場合の、実際の合否結果が出るまでの流れを確認してみましょう。

認可保育園の場合

認可外保育園は、園に直接申し込むことになるので、合否の結果が出るタイミングも園によって違います。
認可保育園の場合は、市町村が選考しているため申請期限や合否発表のタイミングはどの園でも同じです。

認可保育園の場合、自治体によって異なりますが、概ね入園希望月の前々月末ぐらいから前月10日前後までを申請の期限としています。

そして結果が出るのが、入園希望月の前月中旬~20日頃になります。(23日ぐらいまでかかる自治体もあります)

つまり、仮に期限間近に申請した場合、最短1週間~10日間程で結果が出るということになります。

合格だった場合、結果が出てから入園までも10日間ほどしかないため、なかなかハードスケジュールといえるでしょう。

保育園の途中入園の合否結果を問い合わせてもいい?

合否結果が出るまでの期間は前述の通りですが、どうしても待ちきれず早く知りたくて仕方ない!という方も多いでしょう。

職場に早く連絡しなければならなかったり、引っ越しなどの準備に影響が出たりといった、やむを得ない事情を抱えている場合、1日でも早く結果を知りたいですよね。

そういった場合、合否結果の通知を待たずに、こちらから問い合わせることは可能なのでしょうか。

結論から言うと、可能です。(自治体によって多少違いがある可能性もあります)

もちろん、選考が終わり結果が出てしまっていないと回答はもらえませんが、結果が出ているであろう日あたりに担当部署へ電話をして問い合わせることができます。

合否通知は一般的に郵送で自宅に届くため、どうしても配達のための時間が発生します。
たとえ1~2日程度であっても、短縮できると助かりますよね。

申請期限から10日前後を目安に、一度市役所に問い合わせてみると良いでしょう。
もし、そのタイミングで結果がまだ出ていなくても「〇日後にまた問い合わせてみてください」というような、具体的な指示がもらえることもあります。

途中入園は、入園日までに時間がないことが多いため、こちらから積極的に動いて、少しでもスムーズに準備を進められるようにしたいですね。

ちなみに認可外保育園の場合は、園から直接通知がくるので、申請時に何日程度で結果が出るのかなどを聞いておくと安心です。

スポンサーリンク

保育園の途中入園前に準備しておいた方がいいものチェックリスト

晴れて保育園の途中入園が決まった場合、何を準備しておくと良いのでしょうか。
先ほどから述べているように、途中入園は決まってから入園までにあまり日数がないことが多いため、事前にできる準備は少しでも進めてしまっておくことをおすすめします。

準備と言っても、物品の用意だけではありません。
保育園の入園時には、健診の結果だったり予防接種の接種歴だったり、そういった状況把握のための提出物もあります。
これらは、園から所定の用紙が配布されることが多いので、説明会や面談を終えてから用意することになりますが、予防接種の摂取歴を確認しておいたり、関係書類を整理しておくなどの準備をしておくと慌てずに済みますよ。

入園直前は、説明会で渡された書類の作成や健診などで忙しくなります。そこに大量の買い出しなども加わると非常に大変なので、用意できそうなものは先に用意してしまっておきましょう。

書類や健診以外の準備というと、物品の準備がメインとなってきます。
具体的にどんなものを準備しておくと良いかをまとめました。

アイテムによっては、サイズや形状、色など、園からの指定があるものも多いため、指定のなさそうなものから用意することをおすすめします。

指定のないことが多いものとしては、以下のものがあげられます。

  • おむつ
  • タオル類
  • 衣類
  • お弁当箱
  • 記名用マーカー

おむつやお弁当箱などは、入園時の年齢によって必要ないこともありますが、衣類はとにかく多めに用意しておくことをおすすめします。
保育園に置いておくための着替えが必要な場合がほとんどですし、1日に何度も汚すことが日常茶飯事なので、多くて困ることはないでしょう。

ただ、制服やスモックがある保育園の場合は、様子を見ながら買い足すのも良いかもしれません。

お昼寝用の布団セットや、通園カバンなどの大掛かりなアイテムも、できれば用意しておきたいところなのですが、園によって大きさや形状、色などの指定があることが多いため、説明会でよく確認してからの方が安心です。

ただ余裕があれば、説明会で物品の指定を確認した後すぐに購入できるように、それぞれ何種類か下調べしておくと、よりスムーズに進められますよ。

園からの指定がある可能性の高いもので、必要なものとしては以下のものがあげられます。

  • 通園バッグ
  • お昼寝用布団セット
  • 手提げカバン
  • 巾着袋(着替えなどを入れておく)
  • 内履き用の靴
  • 靴を入れる袋

事前にネットなどで、どういった種類のものがあるかだけでも見ておくと、実際に購入する際に選びやすくなります。

また、保育園では持ち物には全てに必ず名前を書かなければならないため、記名用のマーカーやお名前スタンプなども用意しておくと慌てずに済みます。

特に、お名前スタンプは押すだけなのでとても便利なのですが、名前を発注して作成してもらうことになるので納期がかかることが多く、直前だと間に合わない可能性があります。
どのメーカーも、到着までに1週間~2週間ほどかかるので、お名前スタンプを使用したいと思っている場合は、入園申請時ぐらいのタイミングで注文してしまっておいた方が安心です。

短い準備期間ですが、このように、説明会や健診と並行して準備できるものからどんどん進めておきましょう。

まとめ

希望の保育園に希望のタイミングで入れるかどうかは、その後のライフスタイルに大きく関わってくる問題ですので、合否のタイミングや申請期限、準備など気になることが山積みですよね。

自治体によっても合否の出るタイミングや入園までの期間に差異がありますので、住んでいる市町村のホームページなどで併せて確認しておきましょう。

途中入園は、通常の入園よりも行程が短いため、合否が出るタイミングを把握しておくことや事前準備が重要になってきます。

役所への問い合わせなども上手く活用して、途中入園へ向けてスムーズに動けるようにしたいですね。

スポンサーリンク