年末で仕事の追い込みが忙しい方や、年始に向けての計画や準備などでバタバタと過ごしている方も多いのではないでしょうか?

そんな忙しい時期ですが、家族や親しい友達とのパーティーに今年は手作りのケーキを持っていき驚かせたい!大切な人と過ごす時間に、気持ちのこもった手作りケーキで喜んでもらいたい!など気持ちは様々ですが、考えてらっしゃる方も少なくはないと思います。

  • 生クリームが思っていたより値段が高くて、なにか代わりにできるものはないかな?
  • 色んな価格、商品が並んでいてどれにしたらいいのかわからない。
  • 自分で作るなら。体に良いものを選びたい!
  • 作るのなら、お店にひけをとらないくらい美しいケーキに仕上げたい!
  • キレイに作ったものの、持ち運んでいる最中にくずれてしまってへこんだ。

など、わからないことや疑問もあってなかなか前に進まずにクリスマスが終わってしまうこともあったり、、。
実は私もその様なことがよくあります(^_^;)

そんな人のために今回は、生クリームとホイップクリームの違いをまとめてみましたので、ぜひ参考にして、挑戦してみてください!

生クリームの代用にホイップクリームは使える?

まず結論から申し上げますと、使えます!
生クリームと同じようにホイップクリームでの代用は可能です。

いざ、ショートケーキを作ろうと思い、スーパーなどにスポンジや生クリームを購入しに行き、乳製品のコーナーにたどり着き、初めにみなさん思われることかと思います。

「生クリームの値段が思っていたよりも高い!」

そうなんですよね。
生クリームは純生クリームといって、原材料にクリームしか入っていないフレッシュな物なんです。

その他の安定剤や乳化剤などが入っていない、純粋なクリームなのでコストがかかり値段も高いのです。

ですが、安心してください。
生クリームの隣に少しお値段の安い、ホイップクリーム(◯◯ホイップなど)が並んでいる事に気づくと思います。
こちらのホイップクリームで代用し、問題なくケーキを作ることが出来ます。

ショートケーキの周りに塗ったり、上面の絞りなどに全く問題ありません。
むしろ安価で手に取りやすいので、気持ち的に気が楽ですよね(^_^.)

またチョコレートケーキなどのガナッシュクリーム(生チョコ)などの場合にも代用することも出来ますので、ケーキのバリエーションも広がります!

フルーツのピューレやとホイップクリームを混ぜた、ムースも作ることが出来ますのでチャレンジしてみても楽しいと思います。

クリームとホイップクリーム違いは?味や仕上がりの違いは?

次に生クリームとホイップクリームの違いを比べてみたいと思います。

「どちらもクリームだし似たような物じゃないの?」
など思われる方も多いと思いますが、
実は全く別物なんですよ。

・1つめは原材料について。

生クリームや純生クリームと表記されているものの原材料は生乳です。
これは動物性脂肪(乳脂肪)ということになります。

次にホイップクリームや◯◯ホイップと表記されているものは植物性脂肪なんです!
これは、植物から抽出した脂肪分のことなのでサラダ油の様なものをイメージしてもらえると分かりやすいと思います。
そこに泡立ちやすいように乳化剤や安定剤を添加し、クリームのようになっていきます。

また、動物性脂肪と植物性脂肪を混ぜたコンパウンドクリームというものもあります。
これは生クリームとホイップクリームが初めからミックスされていて、お互いの良い所を合わせたような仕上がりになっているので迷ったらこちらを選んでも良いのではないかなと思います。

・2つめは味について比較してみたいと思います。

生クリームは純生クリームなどと表記されているものが一般的です。
それは、純粋に生乳だけしか使っていない無添加のクリームということになります。
そう考えると、価格がお高いことにも納得がいきますね。

その分、安心・安全・無添加で美味しいです!

スポンサーリンク

それともう1つ。
「生クリーム35」や「生クリーム45」の様に数字がかかれていますがこれは乳脂肪分のパーセンテージです。この数値が高い方がしっかりと固く、より濃厚なクリームが出来上がります。

「数パーセントしか変わらないのに、そんなに差は無いでしょ?」
と思われる人が多いのではないかと思いますが、味わいが全然違いますのでもし気になる方はぜひ一度試してみてください!

次にホイップクリームですが、
こちらは植物性脂肪がメインのクリームということで、動物性脂肪(乳脂肪)に比べて比較的あっさりしています。
イメージ的にはパンにバターを塗って食べるのと、オリーブオイルをかけて食べる違いみたいな物でしょうか。

・3つめは仕上がりの違いについて比較してみましょう。

生クリームでケーキを作ると、少し黄みがかった色味になります。ほんのりアイボリーといった感じでしょうか。

対してホイップクリームは、まさに純白という感じに仕上がります。より白さを求めるならこちらの方がオススメです。

その他にも溶けやすさや扱いやすさ。保形性などの違いもあるのですが、それについてはまた次回お話ししていこうと思います。

・4つめは賞味期限。

生クリームは添加物の入ってないフレッシュなものなので、
1週間から10日と賞味期限が短いです。

またホイップクリームは植物性脂肪に安定剤などが加わっていますので、未開封ですと1か月程と生クリームよりも長めになっています。

これはどちらにしても、早めに使い切ることをお勧めします。

生クリームとホイップクリームのカロリー比較!ダイエット中ならコレ!

どちらのクリームでもおいしいケーキが作れることはわかりましたが、やはりカロリーも気になりますよね?

100mlあたりのカロリーで比較しててみましょう!

  • 生クリーム→400kcal~450kcal
  • ホイップクリーム→400kca~420kcal

メーカーによって少し差はありますが、カロリー自体はそれほど違いはありませんね。
ホイップクリームの方がお腹に優しいので、味の違いもありますがダイエット中はこちらをオススメします!

生クリームとホイップクリームの違いまとめ!比較表で徹底解説!

以上の生クリームとホイップクリームの違いを、見やすく表にまとめてみました。

脂肪分 仕上がり 賞味期賞味期限 カロリー
生クリーム 動物性脂肪(乳脂肪) コクがありミルキー 少し黄色っぽい 1週間~10日 400~450kcal
ホイップクリーム 植物性脂肪 あっさりしている 真っ白 およそ1か月 400~420kcal

どちらもメリット、デメリットがありますので、臨機応変に、適材適所というところでしょうか。
また、乳製品を取り扱っているメーカーさんもたくさんありますし、そのメーカー毎に色んなバリエーションの商品が販売されているので悩まれると思いますが、
味についてはどちらもおいしく頂けると思っていますので、ご自身の予算と相談して決めていくと良いのではないかなと私は思います。

最後に

最後に、クリーム自体の良し悪しもありますがもう一つポイントとしてやはり、
泡立てる時にしっかり冷やしながら泡立ててあげることが大切だと思います。
それによってきめ細かく、つやのあるくちどけの良い上質なクリームに仕上がりますので、

・面倒だから冷やさなくてもいっか!
・少量だから少しくらい冷やさなくても大丈夫でしょ!

というのは厳禁です!
愛情を持って接してあげると、クリームもこたえてくれますよ(*^_^*)

それでは皆様においしいケーキと共によいクリスマスが訪れますように。
お付き合いいただきありがとうございました(^-^)

 

この記事を執筆したライター

ライター名:きらのすけ
レストラン、パティスリー、bar、カフェなどで研鑽を積み
現在はブライダル業界でパティシエとして活躍中。
根っからの職人気質ですが、一児のパパでもあるので主婦的目線も持っています。
気楽にスイーツを作れるよう、お役にたてるといいなと思うので、宜しくお願いします。

スポンサーリンク